COMOREBI BLOG

COMOREBIグランピングで使用する家具

2018.03.01 更新

こんにちは、大城戸です。


昨日、九州では春一番の風が吹きました。
風の音でなかなか寝付けず、寝不足です(@_@)

ちょっとした雑学。
「春一番」はその年の立春から春分までの間に、最初に吹く強い南寄りの風のことをいいます。
語源の由来は、江戸時代(1859年)、長崎県壱岐島沖で強い南風にあおられ漁船が転覆。
漁師53名が犠牲になりました。
それ以降、「春一」という言葉が広まり、1985年から気象庁が春一番を発表するようになりました。

また、海と共生する壱岐の人々に自然の怖さを忘れないようにとの思いを込めて、長崎県壱岐市郷ノ浦に船の形をした「春一番の塔」が建てられました。
近くには遭難者の慰霊碑も建てられています。


出典:http://www.ikikankou.com/



それでは、本日もいってみましょう!
今回は「COMOREBIグランピングで使用する家具」をご紹介します。


HALO(ハロ)

1976年にイギリスで設立された家具ブランド。
創業から家具業界を牽引するブランドとして、ハンドメイドの家具を世界中へ発信し続けています。
ユニークな発想と優れた技術によって生み出された、ヴィンテージスタイルの家具はヨーロッパの伝統的なデザインに現代のモダンなテイストを取込み、独自の物づくりと世界観を生み出しています。


過去と現代がまじり合う、斬新なヴィンテージスタイル


出典:https://www.asplund-style.com/

とても重厚感がありますね。
イギリスでデザインされ、イタリア製の皮革を使用してます。



出典:https://www.asplund-style.com/

使用されている数百の鋲はすべて機械ではなく手作業で打ち込んでいるそうです。
1つ作るのに膨大な時間がかかってるのが想像つきますね。



大きく設計されたシートクッション


出典:https://www.asplund-style.com/


通常のソファーより大きい分、色々な使い方ができますね!

私ならここをベッドにするかもな。笑



PRIZMIC & BRILL(プリズミック&ブリル)

産業革命以降、欧州貴族は周辺諸国で"贅沢なテント生活の旅"を楽しんだと言われています。
その歴史を起源とするグランピングと普遍的な魅力をもつサファリスタイルに、「革新性と物語性」を取り入れたASPLUNDのグランピングファーニチャー。
それは、高い堅牢性や使い込むほどに味わいが深まる素材、そしてやさしい使用感を兼ね備えてます。


古きよきクラシックなデザインに、新たなテイストを


出典:https://www.asplund-style.com/

ユニークな形をしてますね('ω')
ソファー?ベッド?



出典:https://www.asplund-style.com/

スタイリッシュな机ですね!
このイスに座り、読書でもすれば優雅な気持ちになれそうです。


今回ご紹介した家具をCOMOREBIグランピングで表現。









いかがでしょうか?

ただの布のテントがこんなにもオシャレに変身しました。

いかに非日常空間を演出できるのかを追求していきます(^○^)

今日もいい日だ!


大分由布の大自然を満喫するグランピング施設

ご予約・お問い合わせはこちら
(電話受付 9:00〜18:00)

092-303-8545